婦人

自動車を輝かせるコーティング技術|愛車をさらに魅力的に

低予算でチェック

メンズ

日本では、基本的に新車以外の車種は2年毎に車検を受けることを義務付けられています。車検は車の健康診断のようなもので、しっかり受けておくと普段のメンテナンスでは発見できない不具合を見つけられるものです。低予算で軽自動車の車検を行なう際には、身近にある検査場をいくつか候補に挙げ、掛かる費用を比較してみましょう。車検に掛かる費用には、重量税と自賠責保険料、そして印紙代を含めたものが加わっています。それらの費用は、必ずしもこの金額という決まりがないので、利用先となる検査場によって大きな差額が生じることもあります。しかし、印紙代に限っては指定工場か否かで金額が定められています。指定工場の場合は1,100円、認定工場の場合は1,400円という印紙代が掛かります。

支払いの負担を軽減する為には、日頃からしっかりと軽自動車のメンテナンスを行なっておきましょう。見つかる不具合が多くなるほど修理を要するので、その分車検に掛かる費用には加算されていきます。メンテナンスを自分で行なえるという男性は多いものですが、女性にとってそれは難しいものです。軽自動車のメンテナンスは身近にあるガソリンスタンドでも行なえるので、普段から気になる点を相談しておきましょう。また、車検を行なっている検査場によっては割引制度を設けていることがあります。割引することによって、通常料金よりも約5,000~10,000円安くなることも望めるのです。そうしたサービスを利用して、軽自動車の車検に掛かる負担を軽くしてみましょう。